作曲家 土屋洋一のウェブサイト:ハイレゾ・サラウンドの作曲家として活動。東京・上野・松戸・名古屋・兵庫・大阪・金沢・富山で作曲レッスンやレッスン講師紹介も行っています。

menu

作曲家 土屋洋一 WEBsite

好評配信中 フランツ・シューベルト “Death and the Maiden” 「死と乙女」4K-PV & インタビュー

『シューベルト;弦楽四重奏曲第14番ニ短調(死と乙女)D.810 (弦楽五重奏曲編曲版) UNAMAS STRINGS QUINTET』

好評配信中 フランツ・シューベルト “Death and the Maiden” 「死と乙女」  4K-PV & インタビュー

フランツ・シューベルト “Death and the Maiden” 「死と乙女」e-onkyo / moraより好評配信中です。

関連情報

待望の新作!Mick沢口プロデュースによるクラシック第3弾が遂に配信開始! e-onkyo Newsより

UNAMAS、挑戦的アレンジと先端技術で挑んだ『DEATH and the Maiden』をハイレゾ配信 Phile-webより

最先端のテクノロジーとMick沢口ならではの感性が融合した、挑戦的な「死と乙女」『Franz Schubert No-14 in D minor Death and the Maiden』がTOP10入り e-onkyo ハイレゾ音源ランキング一覧 |  Stereo Sound ONLINE より

 

作曲家 土屋洋一が弦楽五重奏アレンジ及びサラウンドDAWシミュレーションを担当しました。ビオラパートをチェロに変更しコントラバスを加え、立体音場 (9.1chサラウンド・HPL9)において圧倒的な音楽・音響・音圧・音色バランス持つ新生 String Quintet編成となっております。
その4K-PVとヴァイオリン演奏者の田尻順 (Vn.1)竹田詩織(Vn.2)による4Kインタビューです。

4K-PV

 

4Kインタビュー

 

フランツ・シューベルト “Death and the Maiden” 「死と乙女」 D810 UNAQE 2009 Cover フランツ・シューベルト “Death and the Maiden” 「死と乙女」 D810 UNAQE 2009 Cover (HPL)

UNAHQ-2009
Franz Schubert
No. 14 in D minor : Death and the Maiden
1 Allegro      16’24”
2 Andante con moto 14’08”
3 Scherzo Allegro molto 4’04”
4 Presto 9’44”
Play by UNAMAS Strings Quintet

田尻順 Jun Tajiri (Vn.1)
竹田詩織 Shiori Takeda (Vn.2)
伊東 裕 Yu Ito (Vc.1 play Va. part)
小畠 幸法 Yukinori Kobatake (Vc.2)
北村一平 Ippei Kitamura (Cb.)
土屋洋一 Yoichi Tsuchiya (Arranged for Strings Quintet)

本アルバムの特徴
1.楽曲の持つドラマ性とダイナミックスを活かすべくビオラパートをチェロに変更しVc2台としてVl1 Vl2 Vc1 Vc2 Cbという編成でアレンジ。

2.ホールでのクリーン電源の確保。今回は、EliiyPower社のパワーイレプラス(PPS-20)2.5KVAバッテリ電源2台を導入。1台は、ステージ周りの電源ドライブに、もう1台をモニタールームの録音機材周りをドライブし合わせてEMCノイズ対策も実施。

3.アンサンブルと共鳴。このため5人のアーティストには円周配置の上でサークルの中心に配置した5本のメインマイクで豊かな共鳴音を捉えImmersiveサラウンドマイク4本でホールの没入感を表現。

e-onkyo /  moraより好評配信中。

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー