作曲レッスン・芸大作曲科受験・音大受験・趣味・プロ志望・子どものための:金沢・富山教室[音楽教室 StudioTutti]

 

作曲レッスン・芸大作曲科受験・音大受験・趣味・プロ志望・子どものための金沢・富山教室:[音楽教室 StudioTutti]の方針と作曲レッスンコース

芸大・音大・音高 作曲科受験 作曲レッスンコース

自分はまったく音楽経験が無い状態から(ピアノ経験もゼロ)勉強をして東京芸術大学の作曲科に入り作曲家として活動しています、作曲を行うことや音大の作曲科受験は本人の強い意欲さえあれば誰でも可能だと思います。

音大の作曲科受験に関して、よく「幼少の頃から音楽に触れていなければダメ」、「ピアノが非常にうまく弾けて音感が良くないと無理」、暗に「難しい」ということをおっしゃる方がいますが、それは教える技術や受験に対する情報、ノウハウを持っていないと見て間違いはありません。

合格への秘訣は先生の的確な指導、受験特有の作曲テクニックの伝授、そして多くの課題をこなそうとする生徒の意思にあると思います。

しかも近年の少子化により県立や市立の芸大、私立音大の作曲科の倍率は1倍近くとなり東京芸術大学でさえ3倍ほどとなっています、誰もが音大に入学でき教育を享受できる状況となっています。

音楽経験がある方も、受験特有のテクニックや試験で求められる西洋音楽の書法・様式をより効率よく教え、受験期間という人生の貴重な時間を大事にし、最短期間で合格できるよう指導致します。レッスン方法は30代で東京芸術大学作曲科に入学、作曲科の助教授等を歴任し、教え入学させた生徒が芸大作曲科の定員の3分の1以上に達していた恩師の方法を踏襲しつつ現代的にアレンジしております。

出張 作曲レッスン

○東京芸術大学作曲科(作曲専攻)受験対策作曲レッスンについて(東京芸術大学作曲科に入るには?)

東京芸術大学 作曲科 実技について

・第一次試験

(和声:Sop.課題とBass.課題)の対策として「和声―理論と実習 (1)和声―理論と実習 (2)和声―理論と実習 (3) を使用、初実施後の模範例の詳細な分析と試奏に重きをおいています。初学者で文章が読みにくいと思われる方は副読本として「明解 和声法〈上巻〉―音楽を志す人々のために (音楽講座シリーズ 2)」をお勧めしています。「和声―理論と実習 (3) に進みましたら並行して藝大作曲科第一次試験(和声)過去問の実施に入り、新しい和声──理論と聴感覚の統合やシャラン・各氏の和声課題を研究していきます。

・第二次試験

(対位法:厳格対位法とバッハ様式のコラール)対策として「厳格対位法 第2版 パリ音楽院の方式によるとギャロンの「対位法を使用、ギャロン対位法の模範例写譜より始め二声対位法から三声の華麗・混合類対位法の習得を目標に学んでいきます。バッハ様式のコラールは「バッハ様式によるコラール技法: 課題集と60の範例付き」と「バッハ, J. S.: 371の四声コラール集 BWV 253-438/ブライトコップ & ヘルテル社/オルガン譜を使用します。実際のバッハのコラールを分析しつつ課題を実施していきます。象徴音型や詩と和声との関連性についても共に学んでいきます。

・第三次試験

(作曲:ソナタ、変奏曲、ロンド形式など)の対策として、実際にある何一つ同じ方法で書かれていないソナタ・変奏曲・ロンド形式の多くの楽曲を参考にし作曲するとなると膨大な時間を要するため、 合格水準の要点を満たした学習ソナタ等(過去問題実施例)を基準として模倣し学びます。模範曲の写譜と穴埋めやアレンジを主に課題として行います。また今後作曲活動をしていくための必要な教養として実際のバロック・古典派・ロマン派・近現代にいたる名曲(ピアノ曲〜室内楽曲〜オーケストラ)を講師所有の分析譜を用いて解説していきます。実際の楽曲を分析する際も、学習ソナタ等の基準が手助けになります。

シェアする全形式のモデル曲例

作曲モデル 

シェアする分析譜例

分析スコア

 

・最終試験(ソルフェージュ・初見視奏・楽典など)

初見視奏 〜 20歳からピアノを始め3年ほどで私立音大に合格し、その後東京藝術大学に入学した経験から、効率の良いピアノの練習方法や曲選び、特に初心者のピアノレッスン受講の心構えや先生選びなどをアドバイスしていきます。

ソルフェージュ 〜 自身の音感のタイプ(長所と弱点)を理解した上で効果的な方法を考えアドバイスしていきます。

楽典 〜 学習段階に応じて教科書を選び教えていきます。詳しくは楽典・ソルフェージュレッスンコースをご参考ください。

 

個人差はありますが2年〜2年半で東京芸術大学作曲科の受験水準に到達するようカリキュラムを組んでおります。

・各種教育大学の音楽専攻や東京芸術大学音楽環境科対策、ヤマハグレード試験対策も承っております。

メール添削1科目1回 8,000円~ 和声・対位法・作曲・楽曲分析など

Zoomによるオンラインレッスン1回30分〜45分 6,000円

[東京藝術大学作曲科 近年実績:2021年最終合格者3名、2020年最終合格者2名、2019年第三次試験合格者2名、2018年最終合格者1名、2017年最終合格者1名。過去にも東京芸術大学作曲科、東京芸術大学音楽学部 附属音楽高等学校 作曲専攻、京都市立芸術大学作曲専攻、東京音楽大学 芸術音楽コース ミュージック・メディアコース、洗足学園音楽大学、その他音大、音高作曲専攻、自衛隊試験など合格実績あり]

 

スコアシェアコース

直接レッスンは行わず、クラウド上の分析スコア、受験用モデル曲、各科目の学習進行カリキュラムや効率の良い勉強方法のドキュメントテキストをシェアします。独習や自習にお役たてください。

 

スコアシェアコースページへ

 

シェアする分析譜と作曲モデル例

ベートーヴェンピアノソナタ分析スコアロマン派分析スコア

フランス音楽楽曲分析スコア  シェアする作曲モデル

各レッスンコースもこの作曲資料を閲覧することができます。

 

基礎和声レッスン(楽理科、音楽学専攻、指揮科受験のための)

楽理科、音楽学専攻、指揮科、受験や様々な音楽に関わる際、必要とされる基礎的な和声を学びたい方にも教えております。

メール添削1科目1回 8,000円~ 和声

Zoomによるオンラインレッスン1回30分〜45分 6,000円

[東京芸術大学楽理科 (和声) 2018年2名、2016年、2015年合格実績あり]

楽理科 和声レッスン

夏期・冬期  芸大・音大 作曲科模擬試験

金沢・富山教室では東京で行われる夏期・冬期  芸大・音大 作曲科模擬試験の会場の様子を同時配信いたします。

事前に課題をお送りしますので自宅等で配信を見ながら受験ください。

 

総合 作曲レッスンコース

○趣味の方の為に

作曲を趣味でやりたい、または趣味でやっていた作曲や音楽理論を本格的に学ばれたい方にも作曲レッスンを行っています。近年のDAW、DTM、楽譜制作ソフトの進歩により誰もが作曲をできる時代になりました。特に初心者の方には簡単なメロディ作りと簡単な伴奏付けを教え、どなたでも曲作りは出来ることと、その楽しさを体験してもらっています。

作曲理論(和声、対位法、自由作曲)に加え、DAW、DTM、アレンジ、MIX、クラシック・ジャズ・ゲームミュージック・バンドスコアにわたる幅広いジャンルの楽曲分析、作曲家ごとの和声様式、日本和声、コード理論、サラウンド制作なども承っています。子供から大人まで大歓迎です。

○作曲コンクール対策

作曲コンクールはそのコンクールごとに好まれる様式や独特の書法があります。また審査員により基準が変わります。そういったものを踏まえつつ作品の技術の向上と自己の表現をサポートしていきます。

○ポピュラー音楽・プロ志望の方の為に

・理論 近年のDAWの向上により作曲技術や音楽理論を深く知らなくても、誰でも曲を作れるようになりました。しかしそれだけでは本当に誰でもできるので、プロになろうとするならば確実に埋没してしまいます。ひと味違うものを作りたい場合は理論と分析が必要となります。

・分析 基礎的な音楽理論を知った上で時代・ジャンルを問わず名曲を聴き分析していきます。名曲には必ず共通点や、理論に裏打ちされたものがあるためそれを読み解く力を付けていきます。

シェアする分析譜例

分析スコアジャンル

○プロのための音楽理論・楽曲分析・作曲レッスン

実際現場で働いているプロの音楽家・演奏家の音楽理論を深く知りもっと学びたい、より音楽のクウォリティをあげてステップアップしたい、自分の作品をスコアに起こして広めたり後世に残したい。という問い合わせが非常に多く寄せられたため開設致しました。音楽理論解説と名曲の楽曲分析や自己の楽曲のスコア起こし、スコアアレンジ、伝統の作曲技法の習得を主に行います。出張レッスンも可能です。

[生徒はプロや講師など多方面で活躍中]

○演奏家のための楽曲分析と音楽理論レッスン

演奏家志望の方でも曲を分析して知ることはいい演奏に繋がります。楽器レッスンにおいての先生の指導意図の理解の助けや、表面的なCDのまねなどではなく楽曲を理解し内から出づるような演奏が行えるようになるためです。和声を知り和声音・非和声音を見極め、その緊張と緩和を感じ楽譜に書いていない強弱を読み取る力や、形式感を持つことにより同じフレーズでも演奏表現を変えたりと。

またヨーロッパの音大においては楽器専攻であっても和声、対位法、楽曲分析は出来て当たり前の状況になっていて、日本の学生が留学した際カルチャーショックを受けたという話も聞きます。「音大・音高での講義が理解できない、ついて行けない、講義の進度が遅い」など集団授業では限界がある為そういった方もサポート致します。

・楽曲分析 講師所有の名曲の分析譜の解説や、生徒が希望した楽曲を講師が手伝い分析していきます。レッスン使用資料レッスン参考書籍の楽曲分析の欄もご参考ください。

・和声 和声―理論と実習 (別巻)の分析と視奏に重きを置きます。また必要に応じて「和声―理論と実習 (1)和声―理論と実習 (2)和声―理論と実習 (3) より抜粋し課題を実施していきます。また古典和声だけでは近代の和声分析ができないため。「大作曲家11人の和声法(上)モンテヴェルディからドビュッシーまで」、大作曲家11人の和声法(下)モンテヴェルディからドビュッシーまで」 「和声法」 イヴォンヌ・デポルト/アラン・ベルノー もお勧めしています。

シェアする分析譜例(例 フランス音楽分析スコアとベートーヴェンピアノソナタ分析スコア)

フランス音楽分析スコア ベートーヴェンピアノソナタ分析スコア

 

・対位法 厳格対位法は厳格対位法 第2版 パリ音楽院の方式によるとギャロンの対位法を使用、ギャロン対位法の模範例の大譜表への写譜より始めます。学習フーガはフーガ書法: パリ音楽院の方式による 範例の写譜や分析などを行います。

演奏家のための楽曲分析と音楽理論レッスン

メール添削1科目1回 8,000円~ 和声・対位法・作曲・楽曲分析など

Zoomによるオンラインレッスン1回30分〜45分 6,000円

[生徒はプロや講師・東京国際歌曲作曲コンクール・TIAA全日本作曲家コンクールに入賞など多方面で活躍中]

 

楽典・ソルフェージュコース

音大、音高、教育学部(音楽)の受験の際に必要とされる楽典とソルフェージュ(聴音、視唱、クレフ読み、リズム打ち))もお受けしています。全くの初心者でも音感訓練により受験や作曲に足る程度にまで能力をあげることは可能です。音感には人それぞれ個性がありグループレッスンでは限界があります、こちらではマンツーマンでその方にあった方法を探し丁寧にお教え致します。

メール添削1科目1回 8,000円~

Zoomによるオンラインレッスン1回30分〜45分 6,000円

 

[大阪・兵庫教室] オンラインレッスン・メール添削コース

レッスンに通いづらい遠距離の方のために国内外問わず、Zoomなどのビデオ通話でオンラインレッスンを行っています。
ピアノスタジオより、リアルタイムでiPadのスコア画面をシェアしながらピアノを弾き、解説と添削を致します。
オンラインレッスン1時間 8,500円(室料込み)

また、メールにて添削レッスンもお受けしております。音大受験程度の作曲実技(和声・対位法・作曲)や楽曲分析ならば添削でも充分対応可能です。
1科目1回 8,000円~ 和声・対位法・作曲・楽曲分析など(詳細はお問い合わせください)
(楽曲分析のジャンルは問いません、曲の長さや編成の大きさによってレッスン料が異なります。

古典派のピアノ曲やPopsのスコアならば1曲8,000円程度になります。オーケストラ・吹奏楽曲・各編成はご相談ください。)
 

作曲レッスンのお問い合わせはこちらから

受験相談、初心者、趣味で作曲を学びたい方、子供から大人まで大歓迎です。お住まいの場所の近くにいらっしゃる先生のご紹介も致します。お気軽に下記フォームよりご連絡ください。

・お問い合わせの際は必ず氏名音楽歴、差し支えない程度で構いませんのでお住まいの場所、希望のレッスン形態やコースどういった作曲やレッスンをしたいかをご記載ください。必要事項が記載されていない場合、ご返信致しかねる場合がございます。

・ご返信はメールにて行いますので、パソコンのメールアドレスか、パソコンからのメールが受信できる設定になっている携帯アドレスを必ずご記載ください。

こちらからのご連絡が迷惑メールフォルダに振り分けられることもありますので、そちらの方もご確認ください。こちらから電話をかけることは一切致しません。

・各コースとも初回はFacetimeやZoomなどのビデオ通話で面談を行います。30分〜45分めど 6,000円ご希望の方はお伝えください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 

[音楽教室 Studio Tutti ] 各教室での方針と各コース概要

[音楽教室 Studio Tutti]  東京 上野・松戸教室

[音楽教室 Studio Tutti ] 名古屋教室

[音楽教室 Studio Tutti ] 大阪・兵庫教室

作曲レッスン・芸大作曲科受験・音大受験・趣味・プロ志望・子どものための金沢・富山教室:[音楽教室 StudioTutti]の方針と作曲レッスンコース